\ お買い物マラソン開催中! /詳細を見る

ミニマリスト│デジタル化して物を減らす方法 7選

デジタル化して物を減らす方法

携帯電話とインターネットのおかげで生活が一変した。

海外からリモートでお仕事をすることができるのは、デジタルが発展したおかげでもある。

以前、本当に必要なものを考えた時は

パソコンと携帯さえあれば、あとは現地調達で生活ができそうという結論に至った。

あらためてデジタル化して、物が減らせた事をまとめようと思う。

目次
もっと見る

海外のシェアハウス住みのミニマリスト。
大学ではミニマルアート(油画)を専攻。
海外でWebサイト制作をしながら、自分にとってミニマルな生活を模索中。

デジタル化して物を減らす方法 7選

上手くデジタルを使いこなせば、衣服住む場所、あとはスマホPC、少しの貴重品だけで生活は十分にできる。

  • 通貨はすでに北米ではほぼ使わない。
  • 衣服はデジタルでは減らせない
  • ガジェット類は常に進化しているので最適化しやすい
  • 予算があれば調理系は外食できる
  • 正直、予算があればほとんどの行動が外注・サービス利用できる

時計は不要

スマートウォッチを含めて時計はあくまでアクセサリーだと思っている。

時間の確認は携帯だけで十分。

といった意味でも時計は所持しなくても困らないだろう。

もちろん仕事によっては時計をした方が良い場合もある。

クレジットカード不要、バーチャルカードに

Revolutというイギリスのフィンテックサービスを活用している。

外貨両替・海外送金の手数料無料という現状、海外生活においては非常に助かるサービスだ。

クレジットカードもデジタル化できて、携帯やスマートウォッチからも支払いができる。

クレジット社会の北米で、カードレスな生活ができるし、かつスキミングなどの対策にもなるので安全だ。

バーチャルカードはKyashなどを始め、日本にもいくつかあるので調べてみることをおすすめする。

銀行口座はネットバンク、キャッシュカードや通帳は不要に

ネットバンクにはSONY銀行や楽天銀行、住信SBIネット銀行など様々なサービスがある。

おすすめは住信SBIネット銀行。

海外のビザ更新で必要な残高証明書をドルで発行できたり、積立NISA等の株も買うことができる。

現金の引き落としや振り込みの手数料の回数が多いのも良い。

もちろん、海外からも24時間操作できるので助かっている。

他にも保険や税金の支払いもできるので、住信SBIネット銀行だけあれば十分といった感じだ。

つまり現金を使わないのであれば、キャッシュカードや通帳は不要になる。

※日本は現金派が根強いので、まだしばらく難しいと思われる。

インターネットは携帯のテザリングで

インターネットの契約や付随するWi-Fiルーター等の周辺機器は減らすことが可能。

携帯のプランを上げて、テザリングでノートPCにも代用。

またはカフェやコワーキングスペースでも活用できる。

紙の書類は電子化してiColudへ

パスポートビザ等はさすがにファイルケースに保存しているが、事務手続きで提出しない書類は全て電子化している。

iOSのメモ帳アプリは書類のスキャンに特化していて、文字等もOCR(コピペできる文字に変換)できる。

作業も簡単なので、iCloudに書類を集約することをおすすめする。

※Androidの人はGoogle Keepが代替アプリになる。

メモ紙は不要、Notionに集約

携帯があれば紙は不要になる。

考え事や個人の情報をまとめる時はクラウドに保存できるNotionが便利だ。

アプリやWebサービスなど様々なアクセス方法があり、表示形式も色々あってこのサービスだけで情報を一元化できる。

ハードディスクは不要、クラウドへ

ノートPCや携帯だけでは、容量に限界がある。

メモリやハードディスクで保管するのが一般的だが、精密機械なのでいつかは破損する。

ということでGoogle Drive等のクラウドサービスを使うことで、記憶媒体を所持しなくても済む様になる。

しかもインターネットさえあればデータにアクセスできるので

どこに行っても仕事をすることも可能だ。

まとめ

IT、サービスの利用で所持できるものはさらに減らせる。

  • 車もカーシェアで借りることができる
  • 住居もサブスク型の賃貸で借りることができる。

シェアハウスなら調理器具や家電などの所持は必要ない。

こうしてPCや携帯だけでお金を稼ぐことができれば、所持するものはかなり減らせる。

お金をかける所は物ではなく、より経験へ充てることができるだろう。

次に読んで欲しい記事

画像付き全記事一覧

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次