ミニマリスト│おすすめの手袋・グローブは?

ミニマリストの手袋

どこかに無くしてしまった…なので今はポケットに手を突っ込んでいる。

東京に住んでいた時は、冬でもそこまで手袋・グローブを付ける事はなかった。

ジャケットのポケットに手を突っ込めが耐えられるからだ。

しかしカナダでは交通機関でかなり待たされることもあり、できればスマホを触りつつ、待ちたくなって手袋・グローブを買った。

また雪の中をあるくにしても手を自由にした方が安全である。

寒い地域では手袋・グローブは必要。

手袋・グローブの必要性
  • 寒い地域では安全面も考えて手袋・グローブは必要。
  • できればスマホがいじれるタイプが良い。

海外のシェアハウス住みのミニマリスト。
大学ではミニマルアート(油画)を専攻。
海外でWebサイト制作をしながら、自分にとってミニマルな生活を模索中。

目次

ミニマリストのおすすめの手袋・グローブは?

ジャケットの隙間なく、手首まで防寒できることが重要。

雪も考えて防水であったほうが良いし、ストレッチが利いて柔軟性が高い方が良い。

そして指先がタッチパネルに反応しやすい、スマホ対応である方が好ましい。

ミレー ストームゴアテックスグローブ

ミレーのゴアテックス製のグローブ。

登山でもつかえる手袋。

ゴアテックスなので水にも強く、防寒もばっちり。

しかもスマホ対応なので、条件を満たしているグローブ。

ミレー ストームゴアテックスグローブ
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 防寒機能が優れている。防水のゴアテックス素材。
  • 滑り止め・グリップ力もあり。ストレッチも効いている。
  • タッチパネル対応。スマホ操作が可能。
デメリット
  • 価格がやや高い。
  • 極寒の地域では防寒が不安な面も。

THE NORTH FACE イーチップグローブ

THE NORTH FACE(ノースフェイス)の定番、ヌプシの手袋。

防寒に強く、さらにスマホも操作できる。

こちらも条件を満たしているグローブ。

THE NORTH FACE イーチップグローブ
総合評価
( 4 )
メリット
  • フリース素材で暖かい。しかも防水。
  • ストレッチの利いた素材で、付け心地も〇
  • タッチパネル対応。スマホ操作が可能。
デメリット
  • 価格が高い。
  • 極寒の地域では防寒が不安な面も。

まとめ

寒い地域では必須の手袋・グローブ。

東京に住んでいた時も電車のホームで待っている時なんかはあったほうがよかった記憶がある。

もちろんポケットに手を突っ込んでもいいが、

雪の降る場所だと危険なのでそういった場所に住んでいる人は良いものを持つべきである。

ミニマリストの手袋・グローブに関するよくある質問

ミニマリスト向けの手袋・グローブの特徴は何か?

ミニマリスト向けの手袋・グローブは、シンプルなデザイン、質の良い素材、機能性が特徴である。

また、汎用性が高く、様々なシーンやスタイルに適応できるアイテムが望ましい。

ミニマリストの手袋・グローブ選びのポイントは何か?

ミニマリストの手袋・グローブ選びのポイントは、シンプルでベーシックなデザイン、高品質な素材、機能性を重視することである。

また、コーディネートしやすいカラーや柄を選ぶことで、幅広いスタイルに対応できる。

ミニマリスト向けの手袋・グローブ素材にはどのようなものがあるか?

ミニマリスト向けの手袋・グローブ素材としては、レザー、ウール、ナイロン、ポリエステルなどが好まれる。

これらの素材は、保温性や耐久性が高く、快適な使用感を提供するため、ミニマリストのライフスタイルに適している。

ミニマリストにおすすめの手袋・グローブスタイルは?

ミニマリストにおすすめの手袋・グローブスタイルは、無地やシンプルな柄のものが適している。

また、指先が使えるタイプや防水機能を持つアイテムもおすすめである。

これらのスタイルは、シンプルかつ洗練された雰囲気を作り出すことができる。

人気記事

目次