\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

ミニマリスト│おすすめのダウンジャケットは?

ミニマリストのダウンジャケット

カナダ(バンクーバー)の春秋は季節、気温は15℃を下回る。

秋冬はマウンテンジャケットを上着に来ているが、それでも寒い場合、冬用のコートを着るか悩む。

そんな時はインナー用のダウンジャケットが便利だ。

軽い素材で暖かく、微妙な体温調整ができる。

ダウンの必要性
  • 微妙な温度の変化に対してインナーダウンが活躍。
  • 素材も軽いので携帯・着脱しやすい。

海外のシェアハウス住みのミニマリスト。
大学ではミニマルアート(油画)を専攻。
海外でWebサイト制作をしながら、自分にとってミニマルな生活を模索中。

目次

ミニマリストのおすすめのダウンジャケットは?

ほんとうはモンクレールなどの高級ブランドのダウンが高機能で良い。

が高すぎるので安価なインナーダウンにしている。

工夫すれば、体温の温度管理がしやすいのでおすすめ。

mont-bell インナーダウンジャケット

UNIQLOにもウルトラライトダウンがあるが、それよりも品質が高いのがモンベルのスペリオダウン。

冬服は性能が命なので、少し高くても良いものを選ぶへき。

mont-bell インナーダウンジャケット
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 薄いけど暖かい。
  • コンパクトに収納できる。軽くて携帯しやすい。
  • 中に着るので見えない。
デメリット
  • フロントはジッパーではなくボタン。
  • 重ね着前提なので、ジャケットも必要。

専用ケースにいれれば、小さいペットボトルサイズに収まる

首元には引っ掛ける用のフックもある。

項目割合
表地ナイロン100%
裏地ナイロン100%
中綿ダウン90%
中綿フェザー10%

THE NORTH FACE ヌプシ ダウンジャケット

カナダでよく見かけるのはTHE NORTH FACEのヌプシと愛称がついているダウンジャケット。

正直、夏から冬にいきなり変わる。

温度が20℃くらい下がるので、中間のレイヤーを入れての着こなしが、あまり意味がない気がしている。

その場合は、暖かくて保温効果の非常に高いダウンジャケット一つを着ている方が、所持数は減らせる。

THE NORTH FACE ヌプシ ダウンジャケット
総合評価
( 5 )
メリット
  • 見た目が良い。定番で人気商品。
  • 暖かい。これ一つでOK
  • コンパクトに収納できる。
デメリット
  • 価格が高い。
  • ダウンジャケットなので取扱いに注意が必要。

ワークマン エアロストレッチアルティメット フーデッドパーカー

厳密にいうとダウンジャケットではなく、パーカーの位置づけらしい。

暖かく軽くて安い(3900円)の上着。

ワークマンなので、暖かさの品質は間違いない。

あとはポケットの数も多く、なかでも内側のインナーポケットはノートパソコンやA4no書類も入る大きさ。

これがあれば手ぶらで府外できる。

買う場合はワンサイズ大き目のサイズがおすすめ。

ただし人気すぎて入手は困難。

MOORERのダウンジャケット

イタリアのMOORERのダウンジャケット。

-50℃まで耐えられる暖かさが最強。価格も最強…。

暖かすぎてインナーはTシャツ1枚で済むとのこと。

まとめ

寒い地域でのダウンジャケットは軽くて、暖かくて最高。

扱いは難しいが、寒いのが苦手な人は是非買うべき。

さらに持ち物をコンパクトにしたい場合はインナーダウンが一番効果的だ。

その場合、上に着るのは防寒ジャケットが一番ベスト。

ミニマリストのダウンジャケットに関するよくある質問

ミニマリスト向けのダウンジャケットの特徴は何か?

ミニマリスト向けのダウンジャケットは、シンプルでベーシックなデザインが特徴である。

また、軽量で高い保温性を備えており、コンパクトに収納できることも重要なポイントだ。

ミニマリストのためのダウンジャケット選びのポイントは?

ミニマリストのダウンジャケット選びのポイントは、まずシンプルで飽きのこないデザインを選ぶことが基本である。

さらに、軽量かつ保温性に優れ、異なるシーンに合わせやすいものを選ぶことが望ましい。

ミニマリストのダウンジャケットで重視すべき機能は?

ミニマリストのダウンジャケットで重視すべき機能は、高い保温性、軽量性、そしてコンパクトに収納できることである。

これらの機能が兼ね備えられたダウンジャケットを選ぶことで、ミニマリストのライフスタイルに適したアイテムを手に入れることができる。

人気記事

目次