\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

ミニマリスト│おすすめのまな板は?

ミニマリストのまな板

現在、海外のシェアハウスにいるのでシェアハウスのまな板を使っています。

節約生活をするとなると、変動費の中では、やはり食費を抑えることが重要。

となると自炊をすることになる。

自炊をする上で必要な調理器具を代表するのが包丁だ。

そして包丁の相棒といえばまな板。

アフリカ・フランス式でボールの上で食材を切るなら不要だが、やはり食材を切る時はまな板は必要だろう。

まな板の必要性
  • 自炊する上で食材の加工は必須。その受け手のまな板も必要。

海外のシェアハウス住みのミニマリスト。
大学ではミニマルアート(油画)を専攻。
海外でWebサイト制作をしながら、自分にとってミニマルな生活を模索中。

目次

ミニマリストのおすすめまな板は?

まな板は軽い方が良い。

長時間、自炊する場合はずれにくいとか、傷が残りにくいというのも重要。

庖丁にやさしいまな板 黒

調理学校の方が使っていたまな板。

プロの料理人用のまな板で、包丁を入れた時の感触が抜群らしい。

いつか使ってみたいまな板。

トンボ まな板 折れるシートタイプ

プラスチックの折りたためるまな板。

軽くて安価で、折りたたんで食材をそのまま鍋に入れることができるので便利。

Latuna まな板

ここ数年で話題のまな板。

ずれにくい、傷が残りにくい等、がっつり自炊する方向けのオールラウンダーなまな板。

スノーピーク マナイタセット

スノーピーク マナイタセットも気になるまな板。

まな板にきっちり包丁が収納ができるので、アウトドア等の持ち運びに非常に最適だ。

まとめ

ミニマリストの包丁は下記の記事を参考に。

ミニマリストのまな板に関するFAQ

ミニマリストがまな板を選ぶ際の基準は何だろうか?

ミニマリストがまな板を選ぶ際の基準は、シンプルさ、耐久性、そして汎用性だ。

一つのまな板で多様な調理をこなせるもの、そして長く使える素材のものを選ぶ。

ミニマリストがまな板の購入を決めるポイントは何だろうか?

ミニマリストがまな板の購入を決めるポイントは、機能性とデザインだ。

シンプルで使いやすく、キッチン空間に馴染むデザインのものを選ぶ。

ミニマリストがまな板を使う目的は何だろうか?

ミニマリストがまな板を使う目的は、料理を効率的でシンプルな方法で行うためだ。

必要最小限のアイテムで最大限の効果を出すことが求められる。

ミニマリストがまな板の選び方にこだわる理由は何だろうか?

ミニマリストがまな板の選び方にこだわる理由は、持ち物を最小限にし、その中で最大限の価値を引き出すためだ。

まな板もその一部で、使いやすさと長持ちする素材、そしてシンプルなデザインが求められる。

次に読んで欲しい記事

画像付き全記事一覧

人気記事

目次