ミニマリスト│おすすめのお皿は?

ミニマリストのお皿

現在、海外のシェアハウスにいるのでシェアハウスのお皿を使っています。

自炊をして分かったことが、一汁一菜で十分ということ。

  • 椀物(ごはん)
  • 汁物(味噌汁)
  • 一菜+香の物(主菜と漬物)

器もそれに合わせて3種類だけで、十分にこと足りる。

  • どんぶり
  • おわん
  • 平皿

節約生活も兼ねて最小限の器を所持するなら、まずは上記の3種類をおすすめする。

ちなみに外食メインであれば、使い捨ての紙皿等でも良いだろう。

お皿の必要性
  • 食事するのに器は必要。
  • お皿はどんぶり・お椀・平皿があると便利。
  • もちろん紙皿だけでも問題ない。

海外のシェアハウス住みのミニマリスト。
大学ではミニマルアート(油画)を専攻。
海外でWebサイト制作をしながら、自分にとってミニマルな生活を模索中。

目次

ミニマリストのおすすめのお皿は?

まな板は軽い方が良い。

できれば割れにくく、またレンジでも使えるほうが便利だ。

口辺りを気にするなら陶器だが、ノマドにはあまり向いてないので注意。

あとはスタック(重ね合わせ)ができるものが収納もコンパクトになる。

ニトリ どんぶり MULTIWAN

ニトリのMULTIWANのS、M、Lがきれいに入れ子にできるのでおすすめ。

もちろんレンジや食洗器対応。

ニトリ どんぶり MULTIWAN

お椀 四ツ椀黒飯・汁椀セット

三つ椀、四つ椀でというものもある。

入れ子にできてレンジにも使えるので便利。

フライパンジュウ

一見はフライパン。

取っ手部分がはずれるのでお皿にもなる。

ミニマリストの中で話題になって1アイテム2役のお皿。

まとめ

お皿は2種類あれば、だいたい問題ない。

レンジでも使えたり、スタックできるもの重要だ。

ミニマリストのミニマリストの包丁は下記の記事を参考に。

ミニマリストのお皿に関するFAQ

ミニマリストがお皿を選ぶ際の基準は何だろうか?

ミニマリストがお皿を選ぶ際の基準は、シンプルさ、耐久性、そして汎用性だ。

最小限のお皿で多くの料理をカバーできるように、一つ一つが多目的に使えるものを選ぶ。

ミニマリストがお皿の購入を決めるポイントは何だろうか?

ミニマリストがお皿の購入を決めるポイントは、機能性とデザインだ。

それは食事の楽しみを高めるだけでなく、キッチンの見た目をシンプルに保つ助けともなる。

ミニマリストがお皿を使う目的は何だろうか?

ミニマリストがお皿を使う目的は、食事をするという基本的な行為を、シンプルで機能的に行うためだ。

少ない数のお皿で、日々の食事から特別な日の料理まで対応できるようにする。

ミニマリストがお皿の選び方にこだわる理由は何だろうか?

ミニマリストがお皿の選び方にこだわる理由は、モノを最小限に抑えることで生活をシンプルにし、必要なものだけに囲まれる生活を送るためだ。

それぞれのアイテムが機能的で、シンプルなデザインのものを選ぶことで、環境の整理整頓と心地よさを保つ。

次に読んで欲しい記事

画像付き全記事一覧

人気記事

目次