\ お買い物マラソン開催中! /詳細を見る

ミニマリスト│おすすめの包丁は?

ミニマリストの包丁

現在、海外のシェアハウスにいるのでシェアハウスの包丁を使っています。

節約生活をするとなると、変動費の中では、やはり食費を抑えることが重要。

となると自炊をすることになる。

自炊をする上で必要な調理器具を代表するのが包丁だ。

とくに技術がいるのが、包丁で食材を切るということ。

この技術だけは長く生きる上で身につけておくべきだろう。

ちなみにハサミが無い時にも代用できる。

包丁の必要性
  • 自炊する上で食材の加工は必須。
  • ハサミがない時にも使える。
包丁の基礎知識
包丁とは?

包丁 (hōchō) とは、日本語で「刀」を意味する言葉です。 包丁は、料理をするために使用される主要な刃物です。 包丁には、様々なタイプがあります。 例えば、切れ味が良いものや、柄が長いもの、柄が短いもの、曲げやすいものなどがあります。 包丁は、木、鉄、鋼、陶器などさまざまな素材で作られています。 一般的に、包丁は、料理をする上で欠かせない道具とされており、日本料理を作る上で特に重要な役割を果たしています。

包丁の特徴は?

包丁には、様々な特徴があります。 主な特徴は次のとおりです。

  1. 切れ味: 包丁の切れ味は、料理をする上で欠かせない特徴です。切れ味が良い包丁は、料理の材料をきれいに切ることができ、作業もスムーズにできます。
  2. 柄の長さ: 包丁には、柄が長いものや、柄が短いものがあります。柄が長い包丁は、手を伸ばさなくても切れるため、切るものが大きい場合に便利です。一方、柄が短い包丁は、手を伸ばさないでも切れるため、切るものが小さい場合に便利です。
  3. 柄の材質: 包丁の柄は、木、プラスチック、ステンレススチールなどさまざまな材質で作られています。木の柄は、手にフィットしやすく、持ちやすいですが、湿気に弱いため、乾燥させる必要があります。一方、プラスチックやステンレススチールの柄は、湿気に強く、洗浄もしやすいですが、手にフィットしにくいことがあります。
  4. 刃のタイプ: 包丁には、様々な刃のタイプがあります。例えば、丸刃、空刃、薄刃、厚刃などがあります。丸刃は、切るものが大きい場合に便利です。空刃は、切れ味が良く、肉や魚をスライスするのに適しています。薄刃は、細かいものを切るのに適しています。厚刃は、大きなものを切るのに適しています。
包丁のメリットは?

包丁には、次のようなメリットがあります。

  1. 作業がスムーズ: 包丁は、料理をする上で欠かせない道具であり、切れ味が良いものであれば、料理の材料をきれいに切ることができます。また、柄の長さや柄の材質、刃のタイプが適切であれば、手が疲れにくく、作業がスムーズにできるでしょう。
  2. レシピを選ぶ幅が広がる: 包丁を使用することで、料理の材料をきれいに切ることができるため、レシピを選ぶ幅が広がります。新しい料理を試すことができるようになり、料理を楽しむことができるでしょう。
  3. 自分で料理をすることができる: 包丁を使用することで、自分で料理をすることができます。自分で料理をすることで、料理のテクニックを身につけることができるほか、料理をすることでストレスを発散することができるでしょう。
  4. ヘルシーな料理を作ることができる: 包丁を使用することで、料理の材料をきれいに切ることができるため、ヘルシーな料理を作ることができます。料理の材料を切ることで、栄養を保たれるようになります。また、料理をすることで、自分で作ることで意識的に栄養バランスをとることができるでしょう。
包丁のデメリットは?

包丁には、次のようなデメリットがあります。

  1. 初めて使う場合には、使い方を覚える必要がある: 包丁は、料理をする上で欠かせない道具ですが、初めて使う場合には、使い方を覚える必要があります。また、料理をする上で、包丁を使用する際には、注意を払う必要があります。包丁を使用する際には、安全に使用することが大切です。
  2. 刃の研ぎ直しが必要: 包丁は、使用する度に刃が減ります。そのため、包丁の刃を研ぎ直す必要があります。また、包丁を使用する度に、刃が曲がってしまうことがあります。そのため、刃を研ぎ直すことで、切れ味を保つことができます。
  3. 誤って傷つく危険がある: 包丁は、鋭い刃を持っています。そのため、誤って傷つく危険があります。包丁を使用する際には、注意を払い、安全に使用することが大切です。
  4. 刃が汚れやすい: 包丁は、刃が汚れやすいです。そのため、使用する度に、洗浄する必要があります。また、刃が汚れやすいため、保管する際には、刃を汚れから保護するための特別な保管具が必要です。
目次
もっと見る

海外のシェアハウス住みのミニマリスト。
大学ではミニマルアート(油画)を専攻。
海外でWebサイト制作をしながら、自分にとってミニマルな生活を模索中。

ミニマリストのおすすめ包丁は?

1本だけ包丁を所持するとしたら、三徳包丁が間違いない。

様々な用途に対して万能の役割をしてくれる。

貝印 三徳包丁 関孫六

超定番の三徳包丁といえば貝印の関孫六。

オールステンレスでさびにくく、丈夫。

とくに欠点が無いオールラウンダーな包丁。

自炊を始めるならこの包丁から始めるとよい。

貝印(Kai Corporation)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

京セラ セラミック包丁

料理が上達したら使ってみたいのがセラミック包丁。

金属でないセラミック包丁は非常に軽く、力の衰えたお年寄りでも扱える包丁。

そしてさびないのも特徴だ。

あとは切れ味が良いとか、匂いが残りにくいとか、黒刃の見た目があるのが魅力。

ただし一つだけ欠点がある。

カチカチの冷凍食品やキャベツといった固いものを切る時に割れる可能性があることだ。

うまく扱える人もいるようなのだが、自炊のレベルが上がったら試してみたい包丁である。

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

スノーピーク マナイタセット

スノーピーク マナイタセットも気になる包丁。

まな板にきっちり包丁が収納ができるので、アウトドア等の持ち運びに非常に最適だ。

スノーピーク(snow peak)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

関連記事 | ミニマリストのまな板

ミニマリストのまな板は下記の記事を参考に。

次に読んで欲しい記事

画像付き全記事一覧

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次