\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

ミニマリスト│おすすめの包丁は?

ミニマリストの包丁

現在、海外のシェアハウスにいるのでシェアハウスの包丁を使っています。

節約生活をするとなると、変動費の中では、やはり食費を抑えることが重要。

となると自炊をすることになる。

自炊をする上で必要な調理器具を代表するのが包丁だ。

とくに技術がいるのが、包丁で食材を切るということ。

この技術だけは長く生きる上で身につけておくべきだろう。

ちなみにハサミが無い時にも代用できる。

包丁の必要性
  • 自炊する上で食材の加工は必須。
  • ハサミがない時にも使える。

海外のシェアハウス住みのミニマリスト。
大学ではミニマルアート(油画)を専攻。
海外でWebサイト制作をしながら、自分にとってミニマルな生活を模索中。

目次

ミニマリストのおすすめ包丁は?

1本だけ包丁を所持するとしたら、三徳包丁が間違いない。

様々な用途に対して万能の役割をしてくれる。

貝印 三徳包丁 関孫六

超定番の三徳包丁といえば貝印の関孫六。

オールステンレスでさびにくく、丈夫。

とくに欠点が無いオールラウンダーな包丁。

自炊を始めるならこの包丁から始めるとよい。

京セラ セラミック包丁

料理が上達したら使ってみたいのがセラミック包丁。

金属でないセラミック包丁は非常に軽く、力の衰えたお年寄りでも扱える包丁。

そしてさびないのも特徴だ。

あとは切れ味が良いとか、匂いが残りにくいとか、黒刃の見た目があるのが魅力。

ただし一つだけ欠点がある。

カチカチの冷凍食品やキャベツといった固いものを切る時に割れる可能性があることだ。

うまく扱える人もいるようなのだが、自炊のレベルが上がったら試してみたい包丁である。

スノーピーク マナイタセット

スノーピーク マナイタセットも気になる包丁。

まな板にきっちり包丁が収納ができるので、アウトドア等の持ち運びに非常に最適だ。

まとめ

包丁に関しては人によって使い勝手がかなり違うので、いろいろ試すしかない。

個人的には小ぶりで軽い物セラミックの包丁が好きだ。

ミニマリストのまな板は下記の記事を参考に。

ミニマリストの包丁に関するFAQ

ミニマリストが包丁を選ぶ際の基準は何だろうか?

ミニマリストが包丁を選ぶ際の基準は、その用途の幅広さ、耐久性、そしてシンプルなデザインだ。

料理に必要な基本的な機能をカバーできる1本が理想的だ。

ミニマリストが包丁の購入を決めるポイントは何だろうか?

ミニマリストが包丁の購入を決めるポイントは、その品質と多用途性だ。

料理に最適な一本を選ぶことで、キッチンのシンプルさを保つことができる。

ミニマリストが包丁を使う目的は何だろうか?

ミニマリストが包丁を使う目的は、最小限のキッチンツールで最大限の料理を作ることだ。

それは、生活のシンプルさと効率性を追求するミニマリズムの思想に直結している。

ミニマリストが包丁の選び方にこだわる理由は何だろうか?

ミニマリストが包丁の選び方にこだわる理由は、物の量を最小限に抑え、それでいて生活の質を保つためだ。

必要最小限のアイテムで最大限の価値を引き出すことが目指されている。

次に読んで欲しい記事

画像付き全記事一覧

人気記事

目次