\ お買い物マラソン開催中! /詳細を見る

ミニマリスト│おすすめのふきん・マイクロファイバークロスは?

ミニマリストのふきん

洗って使えるキッチンペーパーのおかげでふきんが不要になった。

自炊をしているので食器拭き、台拭きとしてふきんが必要だ。

また掃除をする時にふきんは欠かせない。

用途に分けて、何枚か所持するべきだ。

ふきんの必要性
  • 食器拭き、台拭きとしてふきんが必要。
  • 掃除用にも使える。
ふきんの基礎知識
ふきんとは?

ふきんとは、指や鼻などを拭くために使われる一種のタオルのことを指します。ふきんは、紙製、綿製、ウエットティッシュなど、様々な素材で作られています。

ふきんは、鼻を拭くためによく使われます。また、手を拭くためにも使われます。ふきんは、使い捨てタイプのものが多いですが、洗濯して再利用することもできます。

ふきんは、日常生活でよく使われるものであり、手軽で、使い勝手が良いため、広く使用されています。

ふきんの特徴は?

ふきんには、次のような特徴があります。

  1. 様々な素材がある: ふきんは、紙製、綿製、ウエットティッシュなど、様々な素材で作られています。このように、素材が異なるため、使い勝手や耐久性、吸水力などが異なります。
  2. 手軽で使い勝手が良い: ふきんは、手軽で、使い勝手が良いです。ふきんは、使い捨てタイプのものが多いですが、洗濯して再利用することもできます。また、ふきんは、鼻を拭くためによく使われますが、手を拭くためにも使われます。このように、ふきんは、様々な目的で使用できるため、手軽であると言えます。
  3. 使い捨てタイプが多い: ふきんは、使い捨てタイプのものが多いです。使い捨てタイプのふきんは、使用後にそのままゴミとして処分することができます。このように、使い捨てタイプのふきんは、手軽で、洗浄や保管する必要がないため、特に人気があります。
ふきんのメリットは?

ふきんには、次のようなメリットがあります。

  1. 手軽で使い勝手が良い: ふきんは、手軽で、使い勝手が良いです。ふきんは、使い捨てタイプのものが多いですが、洗濯して再利用することもできます。また、ふきんは、鼻を拭くためによく使われますが、手を拭くためにも使われます。このように、ふきんは、様々な目的で使用できるため、手軽であると言えます。
  2. 鼻を拭くためによく使われる: ふきんは、鼻を拭くためによく使われます。鼻を拭くことで、鼻水や鼻づまりを解消することができます。また、鼻を拭くことで、鼻の皮膚を清潔に保つことができます。
  3. 様々な素材がある: ふきんは、紙製、綿製、ウエットティッシュなど、様々な素材で作られています。このように、素材が異なるため、使い勝手や耐久性、吸水力などが異なります。また、特にウエットティッシュは、水分を吸収して、乾かしやすいため、汚れを落とすのにも便利です。
ふきんのデメリットは?

ふきんには、次のようなデメリットがあります。

  1. 使い捨てタイプが多いため、環境負荷がある: ふきんは、使い捨てタイプのものが多いです。使い捨てタイプのふきんは、使用後にそのままゴミとして処分することができます。しかし、使い捨てタイプのふきんは、環境負荷があります。ふきんは、紙製や綿製である場合もありますが、通常、プラスチック製であるため、プラスチックの廃棄に伴い、環境負荷があります。また、プラスチックは、長期間でも分解されず、堆肥化しにくいため、環境負荷があると言えます。
  2. 素材によって、吸水力や耐久性が異なる: ふきんは、素材によって、吸水力や耐久性が異なります。特に、紙製や綿製のふきんは、吸水力が低く、耐久性が低い場合があります。また、ウエットティッシュは、吸水力が高いため、汚れを落とすのに便利ですが、耐久性が低いため、すぐに汚れてしまうこともあります。このように、ふきんの素材によって、吸水力や耐久性が異なるため、使用する際には、素材を選ぶ必要があります。
  3. 再利用タイプを使用する場合は、洗浄する必要がある: ふきんには、使い捨てタイプのものが多いですが、洗濯して再利用することもできるものがあります。しかし、再利用タイプのふきんを使用する場合は、使用後に洗浄する必要があります。洗浄する必要があるため、使い勝手が悪く、手軽ではありません。また、洗浄を怠ると、中に残った汚れが腐敗し、悪臭が発生することがあります。
  4. プラスチック製であるため、食品から有害物質が溶け出る可能性がある: ふきんは、通常、プラスチック製であり、食品を保存することができます。しかし、プラスチック製品からは、有害物質が溶け出ることがあります。特に、高温や湿度が高い環境では、有害物質がより多く溶け出すことがあります。そのため、ふきんを使って食品を保存する場合は、注意する必要があります。
目次
もっと見る

海外のシェアハウス住みのミニマリスト。
大学ではミニマルアート(油画)を専攻。
海外でWebサイト制作をしながら、自分にとってミニマルな生活を模索中。

ミニマリストのおすすめのふきん・マイクロファイバークロスは?

ふきんは消耗品なので、手に入り易いものが良い。

吹く場所の用途も多岐にわたる。

柔らかく吸水性が高く、速乾で丈夫なものが良いだろう。

もちろん多用途のマイクロファイバークロスでも良い。

FOXNOV マイクロファイバークロス

FOXNOV マイクロファイバークロスは吸水性が非常に高く、お皿をふくだけでなく掃除用途としてもかなり使える。

丈夫で見た目もおしゃれなのでおすすめ。

無糊タオル

無糊(むこ)タオルは大阪泉州産で、洗濯の仕上がりはフワフワで使いやすい。

ムコタオル
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

関連記事 | ミニマリストのキッチンペーパー

キッチンペーパーは下記の記事を参考に。

大容量タイプを上手く使えばふきんは必要なくなる。

次に読んで欲しい記事

画像付き全記事一覧

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次