ミニマリスト│おすすめの食器・掃除用スポンジは?

ミニマリストのスポンジ

食器用洗剤の所持をやめたので、スポンジも無くしました。
食後にすぐお湯と手で洗うような習慣がついたので、結果的に良かったです。

海外のシェアハウスに住んでいる。

自炊が終わったら、すぐに食器を洗う必要があるのでスポンジは必要。

安い物を買ってしまうと、すぐにボロボロになってごみが発生するので、

ちゃんと洗えるものを選別するべき。

スポンジの必要性
  • 食器を洗うのにスポンジは必要。
  • 丈夫で長持ちするものを選ぶべき。

海外のシェアハウス住みのミニマリスト。
大学ではミニマルアート(油画)を専攻。
海外でWebサイト制作をしながら、自分にとってミニマルな生活を模索中。

目次

ミニマリストのおすすめのスポンジは?

スポンジは消耗品だが、できるだけ丈夫で長持ちするものが良い。

サンサンスポンジ

シリコンスポンジの弱点は泡立ちだが、このサンサンスポンジであれば耐久性と泡立ちを兼ね備えているので、理想的なスポンジだ。

スポンジは皿洗いや掃除をする際に手放せないので、まずはこのスポンジをお勧めする。

ニトリ シリコンスポンジ(食器用)

ニトリのシリコンスポンジがおすすめ。

耐久性があり、長持ちする。

結果的に消耗品の節約になる。

シリコンの凹凸でしつこい汚れも落としやすい。

デメリットは泡立ちだが、これは食器洗剤のクオリティ次第で解決する。

ニトリ シリコンスポンジ
総合評価
( 5 )
メリット
  • シリコン製なので長く使える。
  • 価格が安い。
  • 凹凸で汚れが落としやすい。
デメリット
  • 水分や洗剤を吸い込まない。
  • 泡立ちは普通のスポンジより悪い。

ニトリ シリコンスポンジ

無印良品 発泡ウレタンスポンジ(掃除用)

無印のスポンジもおすすめ。

丈夫でウレタン部分を下にすると水切れが良い。

特におすすめなのが、石鹸置きも兼ねられるスポンジ。

これでお風呂掃除もできるし、石鹸置きにもなって一石二鳥。

無印良品 発泡ウレタンスポンジ
総合評価
( 5 )
メリット
  • お風呂掃除用スポンジ
  • 石鹸置きにもなる
  • かびにくい
デメリット
  • 長く使っていると汚れが目立つ。
  • 掃除している時の感触に好き嫌いがある

石鹸置き兼スポンジ。

置くべき場所がわかりやすい。

まとめ

ミニマリストの食器・掃除用スポンジ選びは難しい。

食器用洗剤を使うなら泡立ちが必須だが、耐久力がそこなう。

両方を満たす食器・掃除用スポンジはなかなか見つからない。

できれば、水洗いで済めばよいのだが自炊をしている以上難しい。

理想の食器・掃除用スポンジを模索していきたい。

ミニマリストのスポンジに垂らす食器用洗剤は下記の記事を参考に。

ミニマリストの食器・掃除用スポンジに関するFAQ

ミニマリストが食器・掃除用スポンジを選ぶ際に重視するポイントは何だろうか?

ミニマリストが食器・掃除用スポンジを選ぶ際の重視するポイントは、必要最低限の数と品質、そして多機能性だ。

不必要なアイテムを減らすことで、シンプルかつスマートな生活を実現する。

ミニマリストにおすすめの食器・掃除用スポンジの特性は何だろうか?

ミニマリストにおすすめの食器・掃除用スポンジは耐久性があり、洗浄力が高いものだ。

長持ちし、より少ない数で生活をすることが可能な製品が好まれる。

ミニマリストは食器・掃除用スポンジをどのように活用するだろうか?

ミニマリストは食器・掃除用スポンジを厳選して活用する。

食器は最小限の種類と数に絞り、スポンジは厨房からバスルームまで広範に使用する。

ミニマリストが食器・掃除用スポンジを選ぶ理由は何だろうか?

ミニマリストが食器・掃除用スポンジを選ぶ理由は、物の所有を最小化し、シンプルで質の高い生活を送るためだ。

また、維持・管理の手間を省くことで、時間やエネルギーを他の大切なことに使うことが可能になる。

次に読んで欲しい記事

画像付き全記事一覧

人気記事

目次